クラウドPACS+遠隔画像診断支援サービス

PACSシステムと遠隔画像診断支援サービスをセットにした新しいプランです。

クラウドPACSのご契約のみで遠隔読影も依頼できるサービスです。

他社のクラウドPACSと比べても大変お得になっております。​

高いコストメリット

クラウドならではの利便性

遠隔画像診断による診断サポート

​効率的な画像保管

多彩な機能の画像ビューア

クラウドPACSソリューション「XTREK F.E.S.T.A」

最新のIT技術と堅牢なデータセンターで、大切な医療情報を安心・安全に保管するサービスがクラウドPACSソリューション「XTREK F.E.S.T.A」です。ストレスのない画像表示を特長とするオンプレミスPACSと高い経済性と災害対策がメリットのクラウドPACSを組み合わせ、両者の良いところを活かした「Hybridタイプ」と、既にPACSをご使用中のお客様を対象に、クラウドへの画像保管サービスをリーズナブルなコストでご提供する「Archiveタイプ」をご用意。クラウド環境へのシームレスな移行をサポートします。

画像ビューワ機能のご紹介

フィルムレス運用に設計・開発され、自由度の高いGUIと多彩な機能でユーザーの先生方より評価の高い、統合画像ビューア「XTREK VIEW」。キーボードに自由に設定できるショートカット機能、キー入力やボタン操作をアクションとして登録できるマクロ機能、現在の読影状態を簡単に保存できるハンギングプロトコル、検査画像一覧のマトリクス表示など、日々の読影を効率的かつ負担を軽減する多彩な機能を搭載しています。

MDCTやMRIからのデータを活用し、高度な画像診断を実現します。

「MIP/MPR」は、MDCTやMRIのスライス画像から3D画像を再構成する画像処理ソフトウェアです。XTREKおよびVOX-BASEにMIP/MPRを搭載することで、より高度な診断が実現。MPRでのオブリーク/ダブルオブリークをはじめ、血管や臓器等の曲面の切断面観察に有効なCPRも可能。MPVRでは、MIPやMinIP、加算平均などの投影手段による観察が可能。読影業務を強力にサポートします。

「FatChecker」は、内臓/皮下脂肪を自動計測する内臓脂肪計測専用オプションソフトウェアです。過去の検診画像との比較も最大4検査まで同時に表示・計測でき、受診者にお渡しするレポートも簡単に出力可能。忙しい業務を強力に支援し、メタボリックシンドロームの診断に威力を発揮します。

簡単操作で内臓脂肪と皮下脂肪を自動認識。
メタボリックシンドロームの診断に威力を発揮します。
簡単操作でCT画像から肺野と気管支を自動認識。
低吸収領域を計測し、肺気腫の重症度を分かりやすく表示します。

LungCheckerは、ビューアから1クリックで起動、肺野と気管支を自動認識し、肺野に対する低吸収領域の割合(LAA%)と低吸収領域の体積の割合(LAV%)を計測、2次元評価方法として代表的なGoddard法でスコア化し、肺気腫の重症度を分かりやすく表示するアプリケーションです。胸部CT画像から気腫性病変や病態の進展を評価し、患者さんへのレポート作成や印刷も簡単に行なえます。

医療機器販売名 :画像診断用ビューアプログラム JM14001

医療機器認証番号:227AFBZX00074000

​お問い合わせ&資料請求は03-5980-1280 or

アクセス

〒170-0004

東京都豊島区北大塚2-17-10豊島ビル6F

 

TEL&FAX

TEL:03-5980-1280

FAX:03-5980-1281

 

連絡先sales@nhp.jp

© 2017

株式会社ネットホスピタル